ハッテン場受け

ハッテン場に多いのは、攻めより受けです

ハッテン場には、受けの方が圧倒的に多く、攻めの取り合いになる事も

ゲイのカップルで、相手からの誘いを待ち応じる側なのが受けと呼ばれます。

 

ハッテン場では、この誘い受けと呼ばれる側が断然多く、攻めの数が圧倒的に足りないようです。
そのため、攻めの奪い合いになることもあるようです。

 

それだけ、受けには厳しい状況であるとも言えますね。
受けのあなたにとって、攻めの相手を如何にゲット出来るか?は、大きな問題ですよね。

 

より刺激的な出会いをしたい!好みの攻めと出会いたい!
そう思っている受けのゲイは、たくさん居るわけですから、切実な問題です。

 

そんな悩みを持つ受けのゲイの方に、おすすめのサイトがあります。

 

受けと攻めのマッチングをサポートしてくれるサイトです。
サイトでは、お互いに自分のポジションを明らかにした上で相手探しをするのが基本ですので、好みの相手も見つけやすいと思います。

 

性癖や嗜好は、長く付き合うほどにズレがあると難しくなります。

同じゲイ同士でも、それぞれに性癖があるわけで、その部分が一致しないと、どんなにルックスが好みでも、話していて楽しい相手でも、セクシャルな部分を一緒に楽しむ事は難しくなります。

 

夫婦の離婚の原因でも、一番の理由は、性の不一致であると言われています。

 

それだけ、長く一人の相手と付き合いを続けようと思ったら、性癖や嗜好はとても大切だと思います。

 

せっかく、パートナーを探すのですから、性的な部分も最初からOPENにして相手探しをすれば、より相手の事を知る事が出来、自分に合った相手かどうかの判断もしやすくなるはずです。

 

たった一度のSEXを楽しむだけにしても、性的な部分が一致するかどうかで、楽しめる度合いも随分違ってきますよね。

 

自分が受けだと自覚をしている方は、それも考慮した上で、自分に合ったお相手探しをすることをおすすめします。

コミュニティサイトを利用してハッテン相手探しをしてみるのもおすすめです。


イケメンゲイとハッテンするなら。


ハッテン場に行ってみたいけど、まだ相手が見つかっていない…。
そんな時は、今ネット上で非常に熱く盛り上がっている、ゲイ専用コミュニティサイトを活用して、ハッテン相手を探してみるのはいかがでしょうか。

実際のハッテン場情報はもちろん、その日一緒にハッテン場に行く相手探しもできちゃうのがゲイ専用コミュニティサイトの面白いところ。

コチラのページでは、今おすすめのコミュニティサイトを厳選してご紹介しています。

ハッテン場に多いのは、攻めより受けです関連ページ

ハッテン場の遊び方について知りたい
ハッテン場によって、それぞれに楽しみ方があります。ハッテン場で遊ぶには、その場にあった楽しみ方をする事が大切でしょう。そのためにも、あなたの目的にあった遊び方が出来る場所を選びましょう。
ハッテン場では、どんな挨拶をするのか
ハッテン場によっては、ゲイ独特の言葉以外で交わす挨拶もありますが、それは性交渉を目的とした場合に交わす挨拶です。それ以外の挨拶は、いつも日常生活で交わしている言葉で十分です。
ハッテン場で太ももを叩くのは、やりたいサイン
ハッテン場におけるルール、暗黙の了解として、太ももを叩くのは、相手に対するSEXのお誘いを意味するものです。その気がなくても拒否を示さなければOKしたものとされます。
目を合わせることで何かが始まるハッテン場
言葉を交わす挨拶よりも、ずっと深くエロさがあるのが目と目を合わせる挨拶。ハッテン場で目線が合ったら、そこから何かが始まる予感がしますね。アイコンタクトで始まる出会いがあります。
ハッテン場で男同士イチャイチャ手を繋ぐ
ゲイのカップルの場合、世間の目もあり、なかなか外でイチャイチャする事も手を繋ぐことも難しいのが現実です。ゲイが集まるハッテン場なら、そんな事も堂々と出来ちゃいます。
ハッテン場で攻めのゲイと出会いたい
ゲイのカップルの場合、大きく分けて攻めと受けの2つがあります。ハッテン場でモテるのは、断然攻めの方が上のようです。言葉で、行為で攻められたいゲイ男性がそれだけたくさんいるということです。
ハッテン場で寝待ちして相手を見つける
サウナなどのハッテン場では、寝待ち=何でも拒否なし、OKを意味します。いきなり本番行為に突入することもあるのが寝待ちです。性交渉によって起こりえるリスクも認識しておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ハッテン場に着ていく服装 ハッテン場を探す ハッテン場の遊び方 気をつけること